スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
はぴーはろうぃーん
 というわけで!
……銀雨の南瓜行列に今年も参加いたしました。
年に一度のお祭りゆえ、私自重しないっ!とばかりに4人分ほど。
全部隠しキャラなので、ここには出せないのですが、もうどれもこれも「大興奮」レベルのデキ。
そんなんが4つ!4つ!
心臓壊れるかと思いました!
うち1枚にいたっては、衣装のあまりの素敵さゆえに、「こ、この衣装でイグカ頼みてぇっ!!」という気分にも。
……何ヶ月かあとに、「あれ、これ…」なんてことがあるかもしれませぬが、その時はにっこり笑って「やりやがったな」と。

 さてさて。
ほたで参加した結社依頼が帰ってきましたよー!
ていうかMS、この依頼出発したの、たしか29日……速攻ッ!
「楽しい戦闘」「戦闘の後はお楽しみ(スイーツ!)」「参加は小学生女子限定」というお楽しみ要素を詰め込みまくったこの依頼。
(最後の一つはお楽しみ要素か? 要素です! いいじゃないですか、ちまっとした子たちが、わきゃわきゃと依頼を楽しむ姿って!)
相談の段階から楽しみ尽くしましたとも!
あー…楽しかった!
スポンサーサイト
【2008/10/31 21:15】 銀雨伝奇 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、捜査に協力する
 木原雨月WRのシナリオ「【Zodiac】~Jack the Ripper~」が納品されてました。

 リオネが見た不吉な夢。
にこにこわらうどうけ。
しめしめわらうくぐつ。
それは、連続女性殺害事件と関係があるのか……。
女性のみを狙い、破壊するがごとく切り裂きつくす殺人犯。
不可思議なことに、女性とともにいた男性は犯人と出会うと気絶してしまうという……。

 3作連続のシリーズの第一作目ですね。
狸は同行するセイリオスになんかあったら大変!と参加。
にこにこわらう、と、しめしめわらう、で犯人が2人いるんじゃないかなぁと。
ネタバレになるんで、結果は言えなかったのですが、はずれではないにしても遠かったという感じです。
しかし……今現在TOPで出ているように、「赤い本」が本格的に出回りはじめた模様。
もしかしたらこの一件も……?
【2008/10/29 20:54】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、お月見にお呼ばれする
 と、いうわけで。
ゲストでお呼ばれしていたお月見ピンが納品されてましたよぉおおおお!
大きな大きな満月を背景にして……
跳ねる聖なるウサたん。そのチャイナなゴス!
月餅積む使い魔たん。その艶やかな質感!
月に物想うウォンさま。こ、この眼差しがたまんねぇ…!
そして腹をうつ狸。無敵のふっかふっか!
なんという。なんという和み光景か!!

コマ割りピンなのですが、このコマの形もお洒落でしてねぇ……。
地面だったり、木陰の形だったりと……。
一番下に集合コマがあるんですが、この一コマ大好き!
あぁ……エエ雰囲気ですなぁ……。

そしてこっそりと。
「月光に照らされたにっきゅー」!ですよ。
つやっ!ぷりっ!
なんというふわふわ毛皮とにっきゅー!

 新田みのる絵師さま、ありがとうございましたー!
素敵な思い出ができました!
(のたうちのたうち)
【2008/10/29 20:33】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、海辺でばしゃばしゃする
 というわけで。
神無月まりばなWRのパティシナ、「【銀コミ夏の陣・改】School of Memories2 ~臨海学校でときめいて~」が納品されました。
銀コミが呼び寄せた、夏の幻影。
それは、スクメモのあの日をもう一度!というハザードだった。
……いいよね!こういうハザード!
お祭りに海までついてきたよ! 学生生活よ再びきゃっほい!
というシナリオでした(笑)。

 狸はおなか丸出し水着を着こんで、タコに襲われていた寺島くんの救助に。
相方(なんと、ハザードの影響でしゃべれるようになってた!)「つっちー」とともに、海賊船型お子様ボートで、タコに突撃!
このおなか丸出し水着、どうやら動物スキーの皆様にはトンでも過激な代物だったらしく……
黒木先生にお世話をかけてしまいました。
そしてめでたくタコはみんなのおなかに。
続けて出現したイカもめでたくみんなのおなかにおさまったこと間違いなし。

神無月WR、楽しいパティシナ、ありがとうございました!
……だから編集長!いじめちゃいやー!(泣)
【2008/10/28 19:15】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
そこは…
未来の死を回避するために用意され、現在の命を閉じ込めた場所。

 というわけでこんばんは、みかかです。
大阪地下街には数百人規模の核シェルターが用意されていた!という、裏の裏新戎地下街「禁断の核シェルター」。
さっそくほたと隠し息子であけてきました。
ここはとにかく、増援ギミックが鬱陶しい。
(どーでもいいことですが、増援ギミックを発動させるとゴーストカードのパーセンテージが上がるようですね~)
そこ以外はAIでの戦闘も可能なのですが、ここの一番の凶悪さは、……残留思念。
取るたびに、声が、声がー!
まさしく恐怖スポット。

 で、ある程度繰り返してやってると、そんな叫びの中からもわかることがあるわけで。
1:実験期間は3年だった
2:数学者がいた
3:カップルが生まれていた
4:母子関係の人間がいた
特に4番……もしかしたら姉弟妹かもしれないけど、子供まで閉じ込められていたという事実が……。
下手したら赤ちゃん(中で生まれていた)という可能性も……。

GTで富豪だのなんだのは、ろくな事しないのは、イチゴだのアザレアだので、わかってはいたんですが……。
【2008/10/27 20:30】 銀雨伝奇 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バイオハザードディジェネレーションが…
こっちこない(泣)。

 というわけで、ちょびっと打ちひしがれております。
そりゃまぁそうか。
劇場案内見たら、東京大阪名古屋しかやってないみたいだし。
みかん王国といえば、もとい、四国といえば、歌手の【全国】ツアーでも、行程からはずされているのが毎回のことですけんのぉ……。

 んで、劇場案内を見るついでに、オフィシャルサイトをうろちょろしてたわけです。
トレーラー見たりして。
で、製作ブログを読んでいると「ゾンビと戦うということ」というタイトルを発見。
一般の人(ゾンビ慣れしていない人、とも言えますか)は、普通ゾンビがいる、なんて考えもしない。
だからゾンビを怪物だと思えずに対処できないのだそうです。
数が多くなるころには、今度はその数に押されて呑まれるし。
元々ゾンビっていうのは、人間の形してますしね。
 ゾンビというのは、つまり『個』が消滅した存在。
生きている人間は、ゾンビに生前の『個』を見るのだけれど、ゾンビの方は中身からもう『個』が消滅してしまっている状態。
『個』を見てしまうと……そりゃ、対処できませんなぁ。
善良な人は「殺すことなかれ」で生きてきてますもん。

 そんでもうひとつ。これもブログから。
「のうみそー」はバタリアンで有名な台詞ですが。
あれで、アメリカのアフレコで迷惑こうむったそうです(笑)。
印象が強すぎてゾンビのガヤ録ったら、叫んだ人がいたそうです、「のうみそー」。
「のうみそー」。
【2008/10/24 22:41】 日々雑事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
その名は『キャッフィー』
 母が全国スポーツ・レクリエーション祭で見かけた光景だそうです。

 通称スポレク滋賀2008のマスコットキャラクター、『キャッフィー』。
オレンジのタンクトップにおそろいの半ズボンを身に着けた、青いナマズ状生物。
いわゆる「ゆるキャラ」です。
(靴を履く足があるくせに、手ではなくて胸鰭なあたりはシュール)
こいつの着ぐるみが、母のいた場所に現れたそうです。
着ぐるみの造形上、人に誘導してもらいながら、愛嬌ふりまきつつ。
……ところがどっこい。
キャッフィー、一匹じゃなかった。
何匹も出てきたんだそうです。
普通、こういうマスコットって、一体だけ、ですよね。
それが何匹も!
群れを形成していたそうですよ……。

 さらにその中の一匹は、どうやら中の人クォリティが高かったらしく……
誘導を必要としないばかりか、異様に足が速かった、とのこと。
しゅたたたたー!っと走っていたのだそうです。
……頭でっかちで、足が短く、手?はさらに短く。
このバランスで走れるものなのか……?!

 ところでキャッフィーが唯一尊敬する人物はアンパンマンなんだそうです。
キャッフィーで検索すると出てくるスポレク滋賀のHPの、キャッフィー日記に書いてありました。
……滋賀県、はっちゃけすぎ。いい意味で。
【2008/10/23 20:07】 日々雑事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
リリス全体依頼きましたねー
というわけで、さくさくと予約。
依頼そのものが少なくなってきていたので、そろそろ何かあるかと思っていた人、きっと多数。
(なにかきな臭い状態→予約可能依頼が少なくなる→全体依頼が出るという流れが、ある意味完成してますよね、銀雨(笑))
明日の結構早いうちにわかってしまうとですね。結果。
受かるといいなぁ。

 それにしても、新しいGTが出ませんねぇ。
マダムがこりまくりだったから、手間取ってるとか?
実はマダムのGTは、二か月分の労力をかけました!とか?
(でもそのわりに、マダムの実入りは絶望的に悪い(殴))

 さて、AFOも依頼に入ったし、明日は銀幕のはたとり。
早起きしなくっちゃなぁ……。 
【2008/10/21 23:43】 銀雨伝奇 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、の背後まだまだ考察する
とか言いつつ、運動会のお弁当に参加したのだぜ。
……上から吸血鬼が降ってくる、とかいうのもありありなのかしら?
かしら?

 そんなわけで、【静寂のスタジオ】。
打ち上げ会に狸も顔を出させてみました。
打ち上げテーブルが出ていること、皆さんご存知ですかー。

 んで、フランキーのこと。
昨日からまたまた考えて、「ファンとエキストラ」にのみつなぎをつけているということから、もしかしたら「もうスターはフランキーのカリスマ能力に抵抗できないくらい、フランキーの能力が強力化(あるいは変質化)しているんではないか?」というのもありえるかもと。
WRさんからの注意事項で、フランキーへの接触は「しない方が賢明です(静寂のスタジオOP・クリコメより)」というのがありましたしね。
「それまでの意思はどうあれ、会った時点でカリスマ能力に取り込まれたのではないか」というケイ・シー・ストラの状況にも合致するのではないかなーと。
一定値以下をダイスで出しちゃうと「デカイヤマを!」と思ってしまう能力なら、強力化した場合それまでの意思すらも吹っ飛びかねないですよね。
接触してるにしても、今回は電話越しでしたしね。
(もし強力化してってるなら……将来的には電話越しでもやばいかも)

あ。
ドウジの兄貴がやばい!!
首根っこ掴んで問いただすって……!(次の機会だけど!)
【2008/10/19 23:59】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、救出活動に参加する
というわけで。
太助で参加した龍司郎WRのシナリオ『静寂のスタジオ』が公開されました。
早ッ!!Σ(・∞・)
と思ったのは、私だけではあるまいて……。
なんでも、運動会に誘拐された人々も参加できるようにとの心遣い。
(;∞;)その心遣いに狸は泣いた!

 狸はファンお2人のガード役としてついていきました。
防弾チョッキとかあっても、チョッキで覆ってない部分があるし!壁必要だし!と。
潜入能力があるので、スライムになって地下にまわりこみ、人質周辺の見張りを「ぼん!ごん!」と殴って気絶させ、そのまま地下から階段にかけてを一掃、人質救出班が地下に入れるようにする、という行動をしておりました。
地下から吹き出る炎ー!!

 そして雑感ですが……。
なるほど……「悪役は悪役らしく」をやらされたわけですね、ケイ・シー・ストラは。
終わってみれば、『ここは現実の世界であり、自分の敵はいない』ということを納得してくれているし、「きちんと謝る」こともやってくれている。
根は悪い人ではなく、復讐心から悪に身を落としたキャラクターって感じで。
(あー、でも人身売買やってるんだよね、彼ら……)
フランキーも何か、「ちょっかいをだされた」ようにも思えます。
元々彼には『接触した人間に影響力を与える』という能力があったものの、余分な能力を与えるような力は無かったように思うし……。
彼が接触しているのがファンやエキストラってあたりが、こわい。
ファンやエキストラは現実の存在ですからねぇ……。
【2008/10/18 23:41】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、わきゃわきゃする
 というわけで。
今夜もお悩みナイトフィーバー・壊れみかかです、こんばんは。
コラボシリーズの文章をこねくり回している最中にも!
きてますよ!
リッキー2号WRの、シリアスシナリオが!
(そして同じ時間に、学園の生徒限定のシナリオが……!
 こちらもコラボかしら?!)
こっちもぜひとも、狙いたい!
実は「学園に入る」秘策を思いついたので、使いたくて仕方ない!
明日は土曜だ! やるしかない!

 んでも。
出発24時間前が迫ってきていますので、ハタトリーナに気合を入れるその前に、コラボシナリオに全力投球せねばなりませんのだ。
なにやらふよふよといい感じのキーワードになりそうな言葉も思い出せましたので、これも組み入れたくてしかたありませんのだ。

言葉って不思議だ。
使い込めば使い込むほど、それを求めるような新しい現象がそのうちで起こるようになる。
……などと、現在読書中の『目からハム』(田丸公美子著)を読みつつ思うわけです。
【2008/10/17 23:56】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、いろいろと備える
 というわけで、今夜のハタトリーナに備えております。
うわぁ、プレッシャーがぁ…。
くるくると目を回しながら、その時を待とうと思います。

10/15 1:16追記
討ち取ったり!
狸は「待つ」ことに対して、実は負い目があったりするので、それを出していこうかと。
ピラミッドアタックの時に、ちょろっと出した物を今回は全開でいくつもりです。

そういえば、銀幕PLさんには『モノノ怪』が好きな人が多かったのでは、と思って、見つけてきた動画をまたしてもペタリ。
本当は「もやしもん」から辿っていったのですが……。
毎回どんどん創作物も演出もぱわわっぷしているのです、このUP主さん。


【2008/10/14 23:23】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
運動会をすっとばした…
……寝てましたー!!
ちぇーちぇーちぇー。
インドア人間はこういうとき、動きがアクティブでないのです。
雑談とか苦手なので、連合も入り損ねちゃったし(ほとんどのキャラでね)。
でもリプレイとかで貢献できたからいっか。

ちょっとなごみ物件など置き去りにしてみる。

【2008/10/13 19:43】 銀雨伝奇 | トラックバック(0) | コメント(0) |
かみさまのきめた日まで
 神無月まりばなWRのシナリオ『天空の贄を見よ Vol.1 ―Jude―』がかえってきましたよー!

 心に傷と罪を背負い、ハリウッドから帰郷し、今は静かに暮らす1人の神父。
彼の傷を、昴神社の宮司たちが抉り出す。
罪と罰が、彼を追い詰める。
神父の苦しむさまを、セルリアンブルーのバッキーが宮司の肩から眺めていた。
悪魔そっくりの尻尾を持つ、色違いのバッキーが。

 そんな依頼。
もう、てんこもりに狸の「銀幕市認識」とか「罪と罰」に対する考えとかを詰め込みました。
半分以上が台詞だったような気がするっす。
なんという台詞プレイングか!!
でも、ここはこの言葉でないと、狸的に説明ができないー!と。

 「神様の決めた日まで生きる」。
それはたぶん、めちゃくちゃ大変で、辛いかもしれない事。
でもそれは、きっと乗り越えなくてはいけないこと。
そんな思いを込めて。
【2008/10/12 21:44】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ほっと一息
 とりあえず、出発しました。
「静寂のスタジオ」…。
ギリギリになって『バットマン』(ってより『ダークナイト』ですね。作中で、一味がお面をかぶっているのを利用して、人質とテログループをそっくり入れ替えちゃうってのがあったんですよ)思い出して。
急いでプレに付け加えてみたりね。
アレはもう最悪の事態ではあるのですが、もしも的中しちゃったりしてるととんでもないことになるので。
ケイ・シー・ストラはどうかわかりませんが(セガール系映画はそこまでえげつないことしてないもんなぁ……)、まぁ念のためということで。
後は結果を待つばかり……。

 救出に全力投球しすぎて、運動会がすっぽぬけておりました。
銀幕も、銀雨も。
いかんねぇ。
【2008/10/11 21:18】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、カチコミに参加する
 みなさま。
銀幕市を愛するみなさま。(またしても井上氏のまねっこ)

カチコミ行くぞこるぁああああああ!!!

と、まぁそんなわけでして。
「静寂のスタジオ」旗取り討ち取ったりぃっ!

 なにしろ、暴れればいいというわけじゃございません。
30人からの人質を「完全に無事に」こちらがわに取り返すのが第一目的です。
(もしかしたら、「本」や「色違いバッキーもどき」の時みたいに、洗脳が行われてるんじゃないかとかどきどきしてたりするのですが)
だから、安全に取り返す方法を考えなくっちゃ。
それからけいしーすとらの倒し方を。
記述で気になることがあるんですよねー……。
『ハーメルン』にさらわれた子供たちが無事に家に帰れたのは、主人公が『ハーメルン』を壊滅されたときだけだったのだから。(引用:静寂のスタジオOPより)
つまり、倒さなくてはならないかもしれないということ。
救いは「掲示板段階では」けいしーすとらは無敵だったということで……シナリオ段階では倒せるようになっているかもしれないってことなんですよね。
ここらへんも、皆と詰めていかなくっちゃ。
【2008/10/08 23:52】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、ピンに混ぜてもらう
 みなさま。
銀幕市を愛するみなさま。(ここまで井上雅彦氏のまねっこ)

……ミズタニ絵師さまのあのピンナップご覧になりまして?!
ええ、「ノーマン少尉湯けむり殺人未遂事件」のチラシピンナップですわ!
スクロールして絵を進み見るたびにのたうちまわったさ!
なんとスコット上等兵も友情出演さ!
このピンナップ超豪華!
それに下!
下見て、下!
すごく細かい! あるあるこういうチラシ!
それにポップコーンカップが、ちゃんと迷彩柄なんですよ!
たすー隊長ストラップつき……こういうオマケつき前売り券もあるある!

もう叫びっぱなしさ!
ミズタニ絵師さま、ありがとうございました!
そして誰よりリゲイルさん、お誘いくださって、ありがとうございましたー!
銀幕の思い出がまたひとつー(きゃっほい!!)
【2008/10/06 23:58】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
狸、久方ぶりにスライムになる
 というわけで、スライムになって潜入捜査です。
ぶろぶー!……というわけで、ご存知ですか? この映画。
あの肉色スライムは軽くトラウマなのですが、思えばあの映画は、正しくスライムの生態を映像描写していたのだなぁと思う今日この頃。
ダンジョンでスライムに襲われたらあんな感じだろうなぁ……。
スライムといえば『ファントム』もそうなのですが、あっちは知能があるので小技を効かせての恐怖攻撃が多くなるのですよね。
ひたすら食い、ひたすら増殖し、ひたすら伸びる、となるとやはり『ブロブ』でしょう。
(すげぇですよ。天井からヨーヨーがおりてきて……とか、水の中に引き込まれたー!とか、閉じこもった周りを囲まれ……あそこに漂ってるのは!とか)
……た、狸は溶かしませんよ!
調査するだけですよ!
でも『ハーメルン』の連中が映画とか見てたら、トラウマが刺激できるのになぁ(マテコラ)。

あ、下は相変わらず銀雨の隠し息子のSSです。
【2008/10/05 11:38】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
夜の空にも星がある
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2008/10/05 11:25】 電網小話 |
狸、一本釣りされる
 というわけで、イヌハクWRの『【女神祀典】エスターテの輝波祭』が返ってきたわけですが……。
どうしよう、漢たちの大惨事に、涙が止まらないよ……。
そして腹筋の震えも!!
響く絶叫。
別の意味での慟哭。
続出するカオス空間(複数)。
いやもうこれはすごいわ……(ぷるぷるぷる)。
参加者のみなさん、おつかれ!(爽)

 んで。
狸はなにをしていたかというと……海なら女王様の手も届かないだろうと、スク水でぷかぷかやってたわけですが……。
オルトロスとあそびたいなー♪と思ったのが運のツキ。
女王様に発見、昆布で吊り上げられてしまいましたとさ♪

そう、植物は海中にもいるのです。
【2008/10/03 23:57】 銀幕浪漫 | トラックバック(0) | コメント(0) |
湖沼の奥に潜むモノ
mamai.gif

 お母さんで参加した、龍河流MSの依頼『湖沼の奥に潜むモノ』のリプレイがかえってきてました。
 キエフから歩いて二日の距離にある村。
その村には「沼地の奥に行ってはいけない」との伝承があった。
その沼地には、人を引き込む魔物が棲むのだという……。
 ある日、沼に死体が浮かんだ。
それはどうやらゴブリンのものらしく……さらに、沼地で精霊とゴブリン、デビルが争うのが目撃されたという。
冒険者たちは真偽をさぐるために、村へ向かった。
という依頼。

 お母さんは精霊に話しかけてみたりしたのですが……。
この精霊、どうやら引き込み系のワル精霊「ウィル・オ・ザ・ウィスプ」らしく、話しかけても「おいでおいで」としか返さない。
つまるところは、まとめて片付けるしかない、と。
元々が実力者の集団なので、地形にさえ気をつければ殲滅戦も難しくはなかったようです。
【2008/10/01 23:57】 阿修羅戯 | トラックバック(0) | コメント(0) |
雑事押入


日記と本の感想と映画の感想とWTと…。ごちゃごちゃつっこんだ押入です。


CALENDER
09 | 2008/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RECENT ENTRIES
  • 雑事押入ごあんない(01/23)
  • おわりましたねぇ(07/23)
  • お引越しのおしらせ(06/14)
  • せっせせっせと(04/30)
  • ここんとこ(04/02)
  • RECENT COMMENTS
  • ハイゴ(01/08)
  • みかか(12/17)
  • 田吾作(12/16)
  • みかか(11/21)
  • 田吾作(11/21)
  • みかか(11/18)
  • 田吾作(11/17)
  • RECENT TRACKBACKS
  • まっとめBLOG速報:まとめ【おわりましたねぇ】(11/14)
  • 天然石・パワーストーンのクリムゾン:願いが叶う!天然石・パワーストーン(04/12)
  • パワーストーン活用術:パワーストーン使い方の意味を知る実践&活用術(04/08)
  • アマゾン探検隊:李家幽竹 花風水カレンダー2010 |李家幽竹(11/28)
  • 粋な提案:シュミじゃないんだ 三浦しをん(08/29)
  • ARCHIVES
  • 2016年01月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (9)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (11)
  • 2011年06月 (12)
  • 2011年05月 (16)
  • 2011年04月 (19)
  • 2011年03月 (22)
  • 2011年02月 (22)
  • 2011年01月 (24)
  • 2010年12月 (26)
  • 2010年11月 (15)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (15)
  • 2010年08月 (17)
  • 2010年07月 (17)
  • 2010年06月 (19)
  • 2010年05月 (20)
  • 2010年04月 (16)
  • 2010年03月 (19)
  • 2010年02月 (20)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (22)
  • 2009年11月 (18)
  • 2009年10月 (16)
  • 2009年09月 (18)
  • 2009年08月 (20)
  • 2009年07月 (22)
  • 2009年06月 (22)
  • 2009年05月 (20)
  • 2009年04月 (22)
  • 2009年03月 (23)
  • 2009年02月 (21)
  • 2009年01月 (26)
  • 2008年12月 (27)
  • 2008年11月 (25)
  • 2008年10月 (21)
  • 2008年09月 (20)
  • 2008年08月 (21)
  • 2008年07月 (23)
  • 2008年06月 (25)
  • 2008年05月 (23)
  • 2008年04月 (24)
  • 2008年03月 (22)
  • 2008年02月 (25)
  • 2008年01月 (25)
  • 2007年12月 (26)
  • 2007年11月 (24)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (23)
  • 2007年08月 (29)
  • 2007年07月 (24)
  • 2007年06月 (29)
  • 2007年05月 (25)
  • 2007年04月 (30)
  • 2007年03月 (32)
  • 2007年02月 (32)
  • 2007年01月 (33)
  • 2006年12月 (25)
  • 2006年11月 (31)
  • 2006年10月 (31)
  • 2006年09月 (33)
  • 2006年08月 (33)
  • 2006年07月 (36)
  • 2006年06月 (23)
  • 2006年05月 (25)
  • 2006年04月 (32)
  • 2006年03月 (31)
  • 2006年02月 (31)
  • 2006年01月 (36)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (32)
  • 2005年09月 (33)
  • 2005年08月 (28)
  • 2005年07月 (39)
  • 2005年06月 (45)
  • 2005年05月 (30)
  • CATEGORY
  • はじめに (1)
  • 日々雑事 (452)
  • 本読独言 (41)
  • 映画独言 (10)
  • 東京怪談 (78)
  • 螺旋鉄路 (23)
  • 銀幕浪漫 (305)
  • 天儀冒険 (188)
  • 阿修羅戯 (422)
  • 虹卵部屋 (7)
  • 銀雨伝奇 (242)
  • 終焉突破 (6)
  • 無限幻想 (21)
  • 仮想人物 (10)
  • 竜之咆哮 (42)
  • 電網小話 (37)
  • 独自小話 (3)
  • LINKS
  • 舵天照
  • 東京怪談
  • シルバーレイン
  • 螺旋特急ロストレイル
  • 銀幕★輪舞曲
  • 楽園道標。
  • 混沌の迷宮
  • 下を見るな。前を向け。
  • ぱとりしあ・まんぼう みにまむ
  • 海瓜工場
  • 孟宗柳(誤変換)
  • 神無月ジャンクション・弐改
  • いぬのあしあと。
  • すきまのことだま
  • 田吾作な日々。
  • 猫の集会所
  • BURNING UP FOR YOU
  • パスタを食べようぜ2010
  • 黒木さんち。
  • 大滝屋
  • 果涯の庭園
  • 夜明けの鮮烈
  • 天上の睡蓮
  • 梅爺の鼻唄
  • SEARCH

    PROFILE
    みかか
  • Author:みかか
  • ノホリと生きるネット中毒者。
    本を読んだり映画を見たりしてばっかりで、ネット外でも二次元にしか生きていないんじゃないかと思われがち。
    ……実際、それに近いです。

    なお、このページにおいてあるOMC作品(イラストやリンク先の小説)の著作権は株式会社クラウドゲート(旧名テラネッツ)および各作成者に、使用権はみかかに帰属します。
    作品の改造行為、無断転載は禁止されています。

    加えて、株式会社トミーウォーカーのPBW『無限のファンタジア』『シルバーレイン』『エンドブレイカー!』のイラストの使用権はみかかに、著作権は作成イラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します


    リンクはご連絡貰うと、貼り返します。ぺたりと。
  • RSS1.0
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。